みんな発達障害

2017060401.jpg
いろいろ不安な人が多いのです。

ちょっと思うところがあって、ここ2週間ほど発達障害について調べています。
発刊されている本を10数冊読み、ネットで論文を読み漁り、結果、思考の迷宮
に迷い込んでいます。

授業中に座っている事ができず、ウロウロしている子供は多動性障害と言われて
いますが、短気でいつもバタバタしている「落ち着きのない人」は、私の周りにもた
くさんいます。
しかし、「落ち着きのない人」は多動性障害と言われずに「ああいう性格の人」
と言われます。

自己分析をしてみると、私は知らない人に会って話をするのが苦手ですので
たぶん営業職には向いていないし、コツコツと物作りをするのは好きなので、
ガラス工芸の仕事をしています。
「コミュニケーションが苦手な人」と思われているかも知れませんが、なんとか
社会生活を送っています。
もし症状が強かったら、引きこもりになっていても不思議がないでしょう。

つまりは、症状が強く出ると「障害」と言われ、症状が弱いと「性格」と言われるのが
発達障害の実態なのではないか、と思うのです。
そんなグラデーションの広いあいまいな基準だとしたら、生きているの人ほぼ全員が
発達障害だとも言えるし、その境界はその時々の社会規範というものによって判断
されているのかも知れません。

但しただ今現在の社会では、曖昧さを許容する余裕が少ないので、社会生活を送る
上で、生き辛さを感じている人が多いのも事実で、私自身も馴染めない感情を抱いて
しまう事が多々あります。

結論としては、曖昧さを許容する環境を作るにはどうしたら良いか、症状を少しでも
緩和できる方法はないのか、を考え続けて行くしかないようです。

少しでも多くの人が、生きやすい世の中になれば良いですね。



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/06/04 18:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/2544-fbad8440