京極夏彦と暁斎

京極夏彦 ブラスト工房
とっても面白かったです。

本日は仕事の合間に、河鍋暁斎のシンポジウムへ行ってきました。
(と言っても、半分以上は仕事がらみなのですが)
京極夏彦氏の考える河鍋暁斎とは・・・とても興味深い話でした。

・妖怪とは何か
・暁斎とはどんな人物か
・暁斎は何を考えていたか

今までも暁斎に関する講演を数多く聞いてきましたが、そのどれとも違う
視点の話は、感心しつつも爆笑しつつ、とても楽しい時間でした。

暁斎美術館の館長の
「暁斎が生きていたら、何を描かせたいですか?」
という質問に、
「うーん・・・・シン・ゴジラ」
という回答も、笑いを含みながら、考えさせられる部分もあり、本当に話の
深い人だと思いました。

暁斎の残した日記の話では、
「最近、水木の日記がみつかりまして・・・・・・・迷惑しています。(笑)」
何が書かれているのか、ぜひ見て見たいです。

と、楽しんでばかりはいられず、一日も早く「河鍋暁斎シリーズ」の販売を
始めなければ!。(結局、強迫観念にかられてしまうのです(苦笑))



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/03/26 18:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/2510-0f9ccc88