アイアンメイデン2  デイブ・マーレイと技巧

2016042302.jpg
当時ストラトにハムバッカーを付けるというのは、まだまだ斬新な取り組みでした。
山本恭司氏はやってましたけどね。

今日はギターよりの話。
私にとってアイアンメイデンと言えばデビュー当時からのギタリスト「デイヴ・マーレイ」なのです。
当時としたはパワフルな印象のあるギターで、美しいく激しいメロディーを奏でる彼は、憧れでした。
アイアンメイデンのギターで何より衝撃的だったのは、「プローラー」のメインフレーズです。
「ワウペダルでこんなにギターを歌わせる事ができるんだ!」
とてもショックでした。

アイアンメイデンの演奏全体に言える事ですが、今、勢いのあるバンドほどのテクニックはありません。
デイブよりも前座で登場した「ザ・レイブン・エイジ」の2人のギタリストの方が、技術的には上だし、もっと
言えば、BABYMETALの神バンドの方が、はるかに上をいっています。

ですが、

スィープもタッピングも無いスタイルでギターを奏でる、今で言えばちょっと古臭いスタイルかもしれませんが
でも「ヘビーメタルギター」その物なのです。
ライブ中、ずーっとデイブを目で追っていたのですが、やっぱり「ザ・アイアンメイデン」だなあと感動しました。

テクニックって何なのかな・・・・と、悩みが深くなるような、それでいて素晴らしい、体験ではありました。


お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2016/04/23 16:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/2325-d8b02207