エミール・ガレの庭

ガレ  ブラスト工房
やっと行ってきました。

前々から「行きたい!」と思っていたのですが、中々時間が作れずに一ヶ月が経ち・・・・。
やっと行ってきました、都立庭園美術館「ガレの庭」展。
ガレの作品はたくさん見てきたのですが、今回はデザイン画・スケッチ画や、製作の際の
型紙の展示があるということなので、どーしても見たかったのです。

最初に見たのは、ガレ自身が意匠登録の為に書いた手紙でしたが、細かいきれいな文字
が、ビッシリと書かれていて「うわあ!神経質そう!」と思ったりしましたが、これは植物に
対する観察眼にも影響しているのかもしれません。

そして、本物のデザイン画を見て、やっと納得できました。
単なるデザインでなく、見ただけで「何をすればよいのか」がわかる、職人さんへの指示書
の機能も持っているのです。
もちろん文字が書いてあるわけではないのですが、細かい部分は口頭で確認すればOK
みたいな、とても簡潔で機能的なものでした。

製作の際の型紙は、これがまた緻密に作られていて、
「ここまでやるから、あんな作品になるんだな」
と納得できる代物でした。
都立庭園美術館  ブラスト工房

無理して行っただけの事はあり、とっても刺激を受けた濃密な時間でした。
しかし、広大な敷地にある、洋館を改装したこの美術館は、ロケーションも
申し分なく良いですねえ。
港区の首都高横にあるとは思えない、とーっても静かな空間で、心の洗濯にもなりました。

さあて、明日っからまた仕事を頑張ろうっと!。



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2016/03/06 16:14 ] ブラスト職人の思った事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/2302-c4890519