新春キツネ祭り その4 BABYMETALな理由

BABYMETAL ブラスト工房
こんなものを作って、着てしまったのですよおお。

ライブが終わって、会場を出るまでの通路は、満足した皆さんの柔らかな空気が
満ち溢れていました。
昔、武道館などで来日アーティストを見た後は、会場の外で必ず誰かが、殴り合
いの喧嘩をしていたものですが、そんな感じは全くなく、平和でした。(笑)
ライブ会場も、全体的に大人しくなってきているんですかね。

私の感じるBABYMETALの魅力は・・・全部・・・総合的なエンターティ
メントである事です。

もともとハードな音と女性ボーカルの組み合わせが好きだったのですが、古い
話だと80年代のパット・ベネターやハートなどは、とても好きでした。
パットベネターなどは、デビュー曲のハートブレイカー自体が、ハードロック
でした。
しかし「アタシはロックしてるんだよおおお」というノリは意外と苦手で、
日本だと、SHOW-YAや浜田 麻里などは、あまり興味を持てませんでした。
見た目は普通なのに・・・こんな音を出して・・・・・という、意外な組み合
わせが魅力的だったのです。
そういう意味では、アイドルとヘビィメタルの融合というコンセプトは、私の
為にあるようなものです。(笑)

今までのアイドルグループのバックバンドと言うと、あくまアイドルが売りな
ので、器用に正確な音を出せる人達を集めて、無難にこなすというのが定番で
すが、神バンドに関しては全く違う考え方のようで、このバンドだけでも十分
マニアの要望に応えられる、トップクラスのミュージシャンが集まっていると
いう事だけでも、既存のアイドルグループと違う方向を目指している事がわか
ります。

昨年は、国内のライブを極端に減らし、ヘビィメタルの本場であるヨーロッパ
のフェスティバルに出演したりと、まるで日本の国内マーケットを無視してい
るかのような活動でしたが、結果はBABYMETALの名前を海外で広める事に成功し、
NYやロンドンでも、ソロライブが成立している点では、今の日本で唯一の存在
になりつつあります。
(5月には、アメリカのフェスへの出演が決まっていますしね)

普通のアイドルだと、枝葉の情報が溢れて、様々な憶測が飛び交ったりするので
すが、BABYMETALに関してはこれも全く逆で、ライブの最後にある次のライブの
予告を見るまでは、何が行われるか誰にも分からない状況を作り出しています。
作為的に飢餓感を生み出す事によって、ファンの心理を揺さぶり、より注目させ
る、と言うわけですね。

BABYMETALの成功を見て他の大手音楽プロダクョンが、2番3番4番煎じを狙っ
て、様々なプロジェクトを動かし始めていますが、まず成功する事はないでしょ
う。
昔聞いたある経営者の言葉に、

ものまねメーカーは、商品は二流だが、経営者は三流だ

というものがありました。

つまりは、先駆者のマネをしても一流にはなれないし、そんな事を真剣にするよ
うな人は、人間として三流なのだから、相手にすることはない、という事です。

総合的に見て、プロデューサーのKOBA-METALとスタッフの企画力が成功の大きな
要因なのですが、どこまでその「非常識」を推し進めるのかが、一番気になって
いますし、新しいマーケット戦略のロールモデルになると思われるので、零細企
業の貧乏経営者としては、これからもずーっと着目し続けて行くつもりです。

お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2015/01/14 21:47 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/2117-9152a35e