生き残る商品

2013112501.jpg
骨董品として購入したバカラのシェリーグラス。
1900年代初頭の品だと言うので、100年
くらい前の物です。

食器のメーカーでは、バカラやウェッジウッドなど
100年以上続いている老舗メーカーは、高級品を
作り続けて、そのブランドを確固たるものにしています。
確かに景気の変動による、数多くの経営危機がありましたが
会社のオーナーが変わっても、そのブランドや基本的なスタンス
は守られています。
つまりは、多くの人が認める「良い物」を作り続けていれば
生き残れるという事です。

ものづくり大国と言われた日本では逆に、高等技術が伝承されず
に、その多くが姿を消して行きます。
日本にも「長生きするメーカー」を作る為に、マイスター制度を
導入して欲しいと思うのですが、大量生産の呪縛から逃れられない
この国の製造業者には「はあっ?」という意見にしか思われないの
でしょうねえ。

そんなわけで、弊社は増収増益の成長企業を目指さずに
「長生きする会社」を目指して、日々奮闘しているわけなのです。





お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2013/11/25 20:51 ] ブラスト職人の思った事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/1861-84ab42aa