商品撮影の方法


以前に質問された事を思い出したので、商品撮影の方法を紹介しします。

2012111203.jpg
ミラーのウェルカムボードを撮影している所。

ミラーは、いろいろな物が映ってしまう点が問題なのですが、正面に
黒いボードの壁を立てる事によって、ミラー面を黒くしてしまうと、
デザインがより引き立ちます。

サンドブラスト
解りやすいように、パネルを少し映り込ませました。


サンドブラスト
アップの場合は逆に、様々な背景を入れる事によって、ミラーである事
が解り易くなります。

なんといっても一番重要なのはライティングなので、これは商品に応じて
様々な角度に調整して、試してみないとわかりません。

HPでも「商品をわかってもらおう」としたら、いろいろと手間のかかる
撮影が必須だと思うのです。




お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2012/11/12 18:01 ] サンドブラスト | TB(0) | CM(2)

村長さん、こんにちは。

ミラーも含めてガラス物は、撮影が面倒なんですよねえ。
でも質感が出れば、気持ちの良い写真になりますよ。
[ 2012/11/13 12:24 ] [ 編集 ]

良いですね!

素材をコップから鏡に少しシフト使用と思っていたところなので、とても参考になります。
写っている画像も、ほぼ正面から写した物のように見えるのが凄いですね!
埃り、曇りも...私の写真にはそういうのが写りこんでいるので細心の注意をはらわねばと思う次第です。
[ 2012/11/12 21:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/1631-e1b13629