葬儀の意味とは?

アインシュタイン


工房の外に出て空を仰ぐと、迫力のある雲が出ていました。
「凄い造形だなあ」
と感心していると、雨が落ちてきました。
あわてて犬他を家にしまい、ほっとしているともの凄い勢い
の雷雨となりました。
11月の後半で、夏のような雷雨とは!。

今朝、神奈川県に住んでいる伯父の訃報が届きました。
いろいろな会場の都合で、葬儀は23日まで延びました。
昔の田舎では、葬儀は自宅で行われていたので、親戚全員と
近所の方々が集まり、準備やら運営やらに忙しかった記憶が
あります。
最近聞いた一番コンパクトな葬儀は、火葬場の隣の会場で、
通夜と葬儀を行い、そのまま隣の火葬場に運んで行くという
もので、移動距離のほとんどない感じでした。

今は葬儀もせず、自然葬にする方も増えてきていますので、
ただ親しかった人が、故人を偲ぶ為に集まるだけになったり
もしますが、本当はそれで良いのかもしれません。

かの、白洲次郎氏の父の話で、亡くなった自宅のベットの下
から、注文で作らせた棺桶が出てきた、というなんとも、
最後まで自分のスタイルを貫き通す姿勢に、とても感銘を受
けた事があります。

まだまだ先の話でしょうが、自分の最後は自分で決めたいと
いつも思っている私なのでした。



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2011/11/20 17:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sbsalchemy.blog87.fc2.com/tb.php/1367-e4c20963