Bunkamura 暁斎・ゴールドマンコレクション

河鍋暁斎  ブラスト工房
逆上して、いろいろとグッズを購入しました。(笑)

本日やっと、Bunkamuraのザ・ミュージアムで行われている
河鍋暁斎のゴールドマンコレクションを見てきました。
どれも素晴らしい作品でしたが、特筆すべきは3点だと思います。

1.鴉図
  百年鴉で有名な暁斎ですが、これだけの種類の鴉図を一度に
  見る機会は中々ありません。
  必見です。

2.幽霊画
  段々と痩せ衰えて行く妻の様子をデッサンしたと言われる、
  妖気漂う傑作。
  まさに「画鬼」を名乗るに相応しい作品と言えます。

3.地獄太夫と一休
  伝説の遊女とも言われた、妖艶な地獄太夫と陽気に踊る
  一休(あの僧侶の一休さん)が描かれた作品。
  太夫の着物の美しさは、「ここまでやるか!」と言いたくなる
  ほどの微細な表現がなされた傑作です。

ブラスト工房の仕事にも関連している、河鍋暁斎の作品ですので
どうしても、骸骨・蛙・鴉などに目が行ってしまうのですが、その他の
作品も素晴らしいものばかりでした。

4/16までですので、ぜひご覧になってください。

  

お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/03/19 17:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

忙しいのは良いのですが・・・

ブラスト工房
今日もお酒のご注文!ありがとうございます。

しかし、なんやかんやと忙し過ぎて、全く収集が付かなくなっています。
「もう少しで余裕ができるかな?」
などと思ってると、急ぎの仕事がいろいろと発生して、結局もっと悪い
状態になるという、なんとも困った事になっています。

やっぱり抜本的に仕事の進め方を変えなければ、状況を改善できない
のでしょうが、それさえ無理な現状では、なんとか持続させるのが
精一杯です。

特にショッピングサイトの管理がおろそかに成りがちなので、この辺だけ
でも誰かにまかせて、もっと先の仕事をしなければならないのかなあ?
などと思ってはいますが、投資は売上があってのことですので、いつも
その辺のバランスがネックになってくるわけです。

という事で、たまにはグチなのでした。(笑)



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/03/14 19:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

京極夏彦と河鍋暁斎

京極夏彦 ブラスト工房

今日も暁斎の話ですが、3月26日トークイベントがあります。
しかもあの京極夏彦氏とは!あんまり驚いたので、本日チケットを
購入してまいりました。
確かに暁斎の描いた作品には、多数の妖怪や幽霊がありますので
世界観が近いのかもしれません。

どういう訳かは、オジサンにはわかりませんが、京極堂シリーズなど
は、女性ファンがとても多いので早めにチケットを押さえておかないと
間違いなく売り切れるでしょう。
もちろん私も各作品のファンなのですが、何せ漢字が多くて話が長い(笑)
ので、読破するには結構な労力が必要なのです。

京極氏が、暁斎の作品にどのような解釈を示すのか、今から楽しみです。


お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/02/05 18:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

河鍋暁斎とヘビーメタル

河鍋暁斎  ブラスト工房
Bunkamura ザ・ミュージアム 開催されますよ!
行って実際に見てください。

今日は、川口市にあるSKIPシティの彩の国ビジュアルプラザで行われた
「幕末の絵師・河鍋暁斎」へ行ってきました。
上映された映画はコンパクトながらとても面白く、暁斎の人となりも伝わる
良い映画でした。
その後の講演もとても面白い内容で、漫画のワンピースの扉絵に、とても
わかりやすい形で、暁斎へのオマージュが描かれてるという事実を知って
作者の方も暁斎ファンらしい、という話があったり、実は気が小さい人だった
ので、酒を飲んで勢いを付けて絵を描いていたのであって、酒豪だったわけ
ではないような・・・・・・と言うような、新しい発見の多い話でした。

ずーっと話を聞いていて、ふと思いついたのは、暁斎に関するキーワード。
反骨・狂気(以前は狂斎と名乗っていた)・風刺・酒・ガイコツ・・・・・
これは、私の好きな音楽ジャンルである、ヘビーメタルの世界の事ではないの!。
幽霊画が有名だし、動物の絵も、タイガー・ドラゴン・トカゲ・コウモリ・・・・・・。
なんだか面白くなってきましたよ・・・・・・・暁斎。

今後も、もっと知識を深めて行きたい!と思っております。



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/02/04 19:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

1.29 さいたまスーパーアリーナ BABYMETAL

BABYMETAL  ブラスト工房
スマホだったら撮影OK!という、なんとも有難いレギュレーションでした。

1/29に行っていきました、ガンズ・アンド・ローゼスのライブ!とBABYMETAL。
久し振りに、本当に長時間のライブでした。

早めに会場前に行って、天気が良かったのでのんびりビールを飲んでいると、
お電話をいただき・・・・そのまま居酒屋へ。(笑)
ライブの前に、本格的な飲み会なのです。

会場へ入って驚いたのは、なんと飲み会参加者の方の3つ横の席だったのは
とっても偶然!なのですが、この方に最初にお会いしたのは、2015年の同じ
SSAで、同じBABYMETALのライブだったという、狐様のお導きを感じざろう
得ない出来事なのでした。

BABYMETALは、わずか30分の短いライブでしたがそれでも、壊れかかって
いた私の心に突き刺さり、ずーっと涙が止まりませんでした。
神バンドは、珍しく小神様が上手側にいたので、下手側の席の私は双眼鏡で
つぶさに観察・・・となったわけですが、同じ視界の中にずーっとMOAMETAL
がいるので、なんともうれしいツーショットを堪能できたのです。

で、肝心のガンズですが・・・・・・さすが貫禄溢れる、素晴らしい内容でした。
アメリカのバンドらしく「エンターティメント重視」で、面白かったのは、短いフレーズ
を含めて、ポール・マッカートニー、ピンク・フロイド、デレク&ドミノス、ローリング・
ストーンズの曲などを演奏した事で、聞きながらニヤニヤしてしまいました。
しかし、ライブが長い!ほぼ3時間やってくれました。
400gのサーロインステーキを、無理やり食べさせられた気分でしたが、それは
それでサービス精神としましょう。
スラッシュは好きなのですが、それにしてもソロパートは長かったので、この辺が
ライブ時間が長引く原因なのでは?と思っています。

2017年最初のライブは、とてもとてもエキサイティングな体験となり、十分満足!
だったのでした。
(でも、BABYMETALのワンマンライブに行きたいDEATH!)



お酒のギフ トは ブラスト工房・サケギフトショップへ!

トロフィー・ フォトフレームの名入れは ブラスト工房・ブラストガラスへ!

サンドブラスト工芸は ブラスト工房へ

サンドブラスト のブログは ブラスト工房・サケギフトショップ店長日記!へ


商品に関してのお問い合わせ
[ 2017/01/30 18:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)